アラサーから始めるお金の増やし方・守り方~お金を貯めよう!!~

アラサーになり、将来の不安とともにお金について考えるようになりました。簡単なことからはじめて少しずつお金を貯めることができたので、自分のやったことを紹介していこうと思います。また、お金のことだけだと、息が詰まるので、息抜きとして買ってよかったものなどについても書いていこうと思います

金利について!お金を増やすために知っておきべきこと複利

金利とは

お金を増やすために必須の知識「金利(利子)」。簡単にいうと資金の使用料もしくは賃借料のこと。お金を貸せばその使用料として、一定割合の金利(利子)を受け取ることができます。銀行にお金を預けておけば、かなり少額ではありますが利子が振り込まれます。また、金利には「単利」と「複利」があることをご存じでしょうか?結論からいうと、お金を増やすためには「複利」が重要です。

単利とは

単利とは、元本に対して一定割合の利子がつくことを指します。例えば

元本:100万円

年利:10%

期間:10年間 でお金を貸したとします。この場合の利子と最終的に受け取れるお金は、以下のとおり。

利子:10万円/年  100万円×10% =10万円

10年後に受け取れるお金:100万円(元本)+10万円(利子)×10(年)=200万円

元本にのみ利子がつくのが「単利です。

 

複利とは

複利とは、元本+利子にもに対して一定割合の利子がつくことを指します。例えば

元本:100万円

年利:10%

期間:10年間 でお金を貸したとします。この場合の利子と最終的に受け取れるお金は、以下のとおり。

利子:1年目 100万円×10%=10万円

   2年目    (100万円(元本)+10万円(前年の利子))×10% =11万円

   3年目    (110万円(元本)+11万円(前年の利子))×10% =12.1万円

                 ・・・・

   10年目    2,593,740円

10年後に受け取れるお金は約260万円です。単利よりも3割も多くなります。しかも、複利の場合、年数が経過するにつれて、利子の増加率が増していきます。長期で運用することで、爆発的に増加が見込めます。

 

複利の注意点~知らぬ間に複利をマイナス面で味わっている?

複利がお金を増やすうえで大切だと解説しましたが、知らぬ間にマイナス面で複利のt殻を味わっている可能性があります。それは、「借金」です。借金は複利でお金を借りていることと同義です。返済額が大きく、返済期間が長いほど利子で多くの支払いをさせられてしまいます。自動車ローンしかり住宅ローンしかりです。手の届かない買い物は複利の力でどんどんお金を支払わされてしまうので、注意しましょう。

 

まとめ

お金を増やすためには「複利」を有効活用する必要があります。おすすめしている投資信託複利の力を生かすことができます。積立NISAなど優遇税制のある制度を利用して、複利の力を生かしてお金を増やしましょう。まずは、証券口座を開設しましょう。開設にあたっては、以下を参考にしてください。借金による複利を食らわずに、投資信託等によって複利を利かせてお金を増やしましょう!!

gen-g.hatenablog.com