アラサーから始めるお金の増やし方・守り方~お金を貯めよう!!~

アラサーになり、将来の不安とともにお金について考えるようになりました。簡単なことからはじめて少しずつお金を貯めることができたので、自分のやったことを紹介していこうと思います。

お金の守り方~お金の勉強をしよう!

1.お金について勉強しよう!~FP(ファイナンシャルプランナー)編

FPの勉強をすることで、投資の基本から、公的年金、公的医療保険といったお金の知識を習得することができます。お金の知識を身に着けることによって、無駄な支出を削減したり、お金を増やしたりといったことができるようになります。3級の知識だけでも十分ためになります。FP3級の全項目を学ぶのが面倒くさい方は以下だけでも学んでみませんか?もちろん、興味のない項目は飛ばしてください。

※資格を取る必要はありません。受験料がかかるので、仕事で使う人以外は取らなくてもいいかなと思います。

2.FP3級で学ぶべきオススメの知識

学ぶべきオススメの知識の概要のみ書いておきますので、興味をもたれたかたは是非、深く学んでみてください。オススメの参考書も紹介しておきます。

2-1.学ぶべき知識1:投資信託

お金を増やす方法のひとつである投資の1種です。税金が優遇される制度も勉強できます。制度を学んで、お得に投資を行いましょう。以下の記事でも解説しています。

gen-g.hatenablog.com

2-2.学ぶべき知識2:公的年金

老後2,000万円問題と聞いて、不安になる方が多く、個人年金保険に加入されている方もいると思います。公的年金でいくらもらえて、いくら不足しそうなのか考えてみましょう。過度に心配し、保険に入るよりも、投資で運用したほうがよいかもしれません。

2-3.学ぶべき知識3:公的医療保険

医療費が3割負担だということはご存じの方が多いと思います。これも公的医療保険(健康保険)のおかげです。これ以外にも、医療費が高額になってしまった際に還付される制度もあります。この制度を学び、現在加入している生命保険・医療保険を見直してみましょう。保険会社のすすめで加入しているのなら、過剰で保険料の高いものに加入している可能性があります。お金を守るためにも、重要な知識です。 

 3.オススメの書籍

 解説がわかりやすく、模擬試験もついているため、しっかり学んだうえで、試験対策までできます。資格を取る予定の人も取らない人も勉強しやすいですよ。電子書籍もいですが、勉強に使う参考書は付箋を貼ったり、書き込んだりできる本がおすすめです。