アラサーから始めるお金の増やし方・守り方~お金を貯めよう!!~

アラサーになり、将来の不安とともにお金について考えるようになりました。簡単なことからはじめて少しずつお金を貯めることができたので、自分のやったことを紹介していこうと思います。また、お金のことだけだと、息が詰まるので、息抜きとして買ってよかったものなどについても書いていこうと思います

賢く節税し老後資金をためよう~お得な制度 iDeCo(確定拠出年金)

1.iDeCo(個人型確定拠出型年金)とは?

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」とは、自分で作る年金制度のことです。加入者が毎月一定の金額を積み立て、定期預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ることです。

1-1.iDeCo(イデコ)のメリット

・積立金額すべて「所得控除」の対象
  →所得税・住民税が節税できる
・運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が「非課税」
  →本来であれば運用益に課税される「20.315%」を節税できる
・受け取るとき「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象
  →受け取り時に係る税金を節税できる

1-2.iDeCo(イデコ)のデメリット

・60歳になるまで、引き出すことはできない

2.iDeCo(イデコ)の始め方

2-1.金融機関を選ぼう

iDeCo(イデコ)を始めるには専用口座を開設する必要があります。金融機関によって口座管理手数料や扱っている商品が違います。できるだけ手数料は払いたくないので、口座管理手数料が無料の金融機関を選ぶといいです。
私のおすすめ「楽天銀行」です。口座管理手数料が無料であり、商品も豊富です。

2-2.金融商品を選ぼう

60歳まで解約(払い戻し)できないため、長期運用となります。手数料の差が大きく出てきますので、手数料にも注意して商品を選ぶ必要があります。

3.受け取り方法

満60歳※1になったときに「年金」「一時金」「年金と一時金の組み合わせ」の3種類の受け取り方法があります。iDeCo・は、掛金が全額所得控除の対象になるほか、運用益も全額非課税となりますが、給付時には税金がかかる場合があります。年金として分割して受取る場合は「雑所得」、一時金として一括で受取る場合は「退職所得」として取り扱われます。
※1通算運用期間によって、変動します。
どれで受け取っても、「公的年金等控除」「退職所得控除」で節税できます。 

4.まとめ

私個人の意見としては、節税メリットは大きいですが、60歳まで資金がロックされるのはつらいと思います。
しかし、個人年金保険に加入するのであれば、iDeCoを使うべきだと思います。また、節税メリットのある資産運用の方法として「積立NISA」もあります。積立NISAとiDeCo は併用可能です。iDeCoを使うのか、積立NISAを使うのか、両方とも使うのか、毎月の余剰資金を考えて選択していく必要があります。悩むより、まず行動しましょう!始めるためには、証券口座が必要です。私のオススメは楽天証券です。iDeCoの場合でも口座管理手数料が無料です。以下で開設方法について書いていますので、参考にしてください。

gen-g.hatenablog.com